すかいさんのたより

アクセスカウンタ

zoom RSS 「漂泊の王の伝説」

<<   作成日時 : 2018/01/06 16:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「漂泊の王の伝説」


読み始めると

つい

夢中になり


次の展開に引き込まれてしまう



年末に読みかけて

どうなったか気になって居たが

続きを一気に読み終えた。


画像




プロローグ|罪人

 何ともショッキングな始まりです。


 盗賊が現れて主人公を殺す場面

 「ふたたびおれの前にあらわれたら、命をもらうと言ったはずだ。」

 盗賊は剣をふりかざした

 刃は砂漠の灼熱の太陽のもとで、一瞬キラリと光った。

 主人公ははげしく深い痛みを感じ、活力が体内からしだいに失われていくのがわかった。



そして主人公の回想が始まる



それは何とも数奇な運命をたどり



砂漠のただ中で倒れていたのを盗賊に助けられた

実はその男こそプロローグの盗賊なのです

盗賊の父親は主人公の為に亡くなります

しかし砂漠の掟に従い主人公を助けたが

次に会った時は「必ず殺す」と言って別れたのでした。




そして父が臨終に際して言い残した言葉は

 「よく聞け。われわれはみな、自分のすることに責任がある。
  
  良い行いにも悪い行いにも。

  そして、人生はかならず、おまえのした分だけ返してよこす。
 
  忘れるなよ。
 
  人生は、そのつぐないをさせると言うことを・・・」



主人公は罪の呵責に耐えかねて

罪のつぐないの為に数奇な運命をたどり

プロローグへと行くのでした。


主人公の運命は変えられ無かったのか?

父の言葉の通りになってしまったのか


ひるがえって

私の生きざまは本当にこれで佳いのか・・・

主人公の様に悩みます



続きは・・・

本をお読み下さい。



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「漂泊の王の伝説」 すかいさんのたより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる