すかいさんのたより

アクセスカウンタ

zoom RSS 群馬の山

<<   作成日時 : 2017/03/21 06:43   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3月18日 土曜日 うす曇り

今日はみなかみ町の奥「布引山」です。

画像




宝川温泉の隣の駐車場より出発

画像



アイゼンでは雪が緩く沈むので直ぐにレンタルのスノーシューに履き替えました

宝川沿いに歩きます

所々落石と落雪で危険を感じる所も有りましたが

足跡を消した新雪の林道歩きです


トンネル

画像


足跡?あらカモシカかね?と思ってふと視線を上げると

かわいい目をしたカモシカ君が見ています

画像


川の中に雪帽子を頂いた岩がたまご岩の様です

画像


右の沢に立派な堰堤が、左には雪に埋もれた小屋が

画像


ここで地図を見れば良かったのですが・・・
足跡の無い林道になりウキウキ歩きます

記憶では確か林の中に入って・・・と思いGPSを見るとさっきの処を右に行く計画でした
少し戻って林の中に入ります
ようやく計画のルートに出たようですが
道は有りません、右のくぼ地を見ながら進みます

画像


杉林の中を緩く登ります
途中で小休止しておにぎりとパンの間食これからの登りに備えます

予定ルートより右の尾根を登ります
杉林が終わり小さな鞍部に出たようです
雑木林で視界が開けました
さて一息入れます

稜線が見えます?丸山ですかね

画像


カラマツ林になると鞍部でどう行くか
左の尾根か?
右に尾根に緩く登ります最初はゆるかったのですが
だんだん急になります
息が上がり始め、休み休みになります

画像


スノーシューは思ったより軽くほとんど沈みません
2〜3日前の雪だまりではそうはいきませんが
正面左に雪庇の尾根がその向こうに山が見えます
少し行くとどうもこの尾根を登るようです
大きく迂回して斜めに雪庇の上に出ます

画像


雪庇の脇を登りきるとさらに登ります
正面に見えて来たのが多分「布引山」では?
ブナの幼木の向こうにピークがあそこが「雨ケ立山」か

画像


一旦緩くなった後真直ぐに登りきりと
その先に更にピークが「「フ〜」まだか!!!

しかし展望が開けて来ます
ようやく到着「雨ケ立山」です
周りの稜線は雲が掛かってはっきりしませんが
上越の国境が見渡せます
武尊山〜至仏山〜
あれは多分「刃物が崎山」と言うことは
その下が「家の串」ダムからの稜線が一目です

画像


山頂は雪の山
北に灌木が有ります
灌木の間に山名板を刺しました
画像


展望をおかずにおにぎりとパン、あったかい甘酒を飲んで一休み


しっかり凍った北斜面を降ります
風紋が発達して居ます
手前の1636Pで一休み

画像


凍った斜面にスノーシューの歯がしっかり食い込んで快適に登ります
さっきのピークと同じで山頂は何も有りません

正面に「小烏帽子岳」から朝日岳の稜線が白く雪が輝いています
画像


更に「小烏帽子岳」へと計画してましたが
雪の斜面を見たら軽く断念しました

素晴らしいながめです

画像


再度「小烏帽子岳」方面

画像


予定時間も過ぎたので名残惜しい展望ですが帰ります

「雨ケ立山」の斜面に人が見えますどうもスキーヤーの様です
一人二人は確認、滑って降って巻いて来てこちらに
途中ですれ違います

再び「雨ケ立山」に登り返します

ここからは来た道がしっかりついてるのと
さっきのスキーヤーの方の踏み跡が近道しているのでトレースします

岩場のピークを彼らは斜めに登って居ます
降りでは転ばないように慎重に歩きます

この先で雪庇の斜面に出ます
スキーヤーは真直ぐ来ています

画像


木に赤いペンキのマークがついています
降りの時に迷いやすいですからね

画像


杉林に入りスキーヤのトレースを使います
さっきのペンキマークに従っていますね
しかし所々大変な所が
尾根から外れて杉林の中へ
ザックが有り雪穴を作っています
訓練とか言ってました、明日「雨ケ立山」に行くようです

彼らはアルミのワカンを持って居ました
ワカン無しの人がいたようです
足跡
雪は大分腐って居ます

画像



ワカンもスノーシューもほとんど沈んでいません
気を抜いた時・・・
足が雪の中に突き刺さります
にっちもさっちも行きません
周りの雪を手ですくって取って脱出
?スノーシューが付いていません
手前で外れて靴でのめりこんだようです

スキーヤのトレースで杉林を抜けて林道に出ますた
大分上流の様です

小屋を過ぎ

帽子の岩を過ぎ

トンネルを過ぎ
夕日がおぼろに
画像



大分疲れて来ました
GPSを見ると間もなくです
ようやく駐車場です

画像


苦難はこの後に
駐車場を出たら旅館の屋根の雪が道を塞いでいます
大丈夫だろうと突っ込みましたが・・・・・
FIT君ではダメ

画像


宿のスコップを借りて手前の雪を除雪して
少し動いたが・・・
ダメ
今度は除雪した雪で車から出られない
万事休す

フ〜どうすんべ
日が暮れて暗くなるし
人はいないし
昨日貰ったチラシにここの宣伝が載ってたハズ
電話「・・・」すでに店仕舞の様ですね
・・・
そうだスマホで検索すればいいのだ
出ました代表の電話へ
「助けて〜」


しばらく待ったが来ない
10分後再度電話する
どうも場所が解らないらしい?

ようやく来たが
少し除雪した後戻ってしまう


不安がよぎる


何とローダーを運転して来て除雪開始
アッという間に綺麗に

画像


「ここは県道で警察に連絡して有りますがどうしますか?」
「?」意味を理解出来ない
「帰れれば良いので、ありがとうございました」

暗い夜道を帰宅に着きました。


詳細はHPで「すかいさん行く上州の山旅」でどうぞ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
群馬の山 すかいさんのたより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる